スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年前の子供VS現代の子供 

最近、今の子供達の体力が低下していると新聞に載った。

今の子供と20年前の子どもが、走ったり跳んだりしたら、どっちに軍配が上がるだろうか。答えは20年前の子供だそうです。
大正の時代と平成の時代を比較して比べてみれば時代の発展度は天と地ほど差があるが、20年前の時代と、現在と比較してみると、さほど差がない。違うといえば電化製品とか娯楽用品に違いができてきたと思う。
パソコン、携帯電話、ゲーム機器などなど挙げれば限がない。

私の祖父は生きていれば95歳になる、大正生まれの人でしたが、10キロ20キロの距離は歩く以外に手段がなかったそうです。今では「えっ!歩いて行くの」と言う距離を黙々と歩いたそうです。それが当たり前だった。昭和生まれの親父でさえ、やっと自転車が主力の移動手段だったそうです。現在では自動車で移動。体力がなくなるはずです。

ゲームも良くないですな!家に閉じこもってピコピコ指を動かしているだけ!「外の空気でも吸ってこい」と言えば、「かったるい」と言われてしまう。ますます火星人に近づいて行くような気がして仕方がありません。

ご存じでしょ!タコみたいな頭でっかちのヒョロヒョロ足の奴。移動も瞬間移動でやってのける生物になって行きそうで・・・

適度に運動して、健全な身体をつくりましょう。20年前バリバリの私でしたが、現在は体力低下を指摘された世代の息子達に負けてしまいそうです。いやはや、困ったものですな!!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。