スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学力テスト 

昨日、小6の娘が学力テストを受けてきました。
新聞では43年ぶりの実施と報じていたのにビックリしてしまいました。なんせ、私が生まれた年が最後の学力テストだったのに、それ以降昨日まで行われていないのに、小学校、中学校、高校で受けた学力テストはなんだったのかしら!
全国一律の学力テストがもたらした結果というのは、良いことばかりでなく、教育現場で成績至上主義の風潮が根付いてしまったという。
今回も、順位や成績を公表しないようにするようだが、来年、再来年と出題傾向が分かり、秘かに学校同士、県同市でつばぜり合いが始まりそうである。

確かに良い成績が結果として出ている学校は、近隣の学校に通う生徒の親は敏感になるだろう。自分の責任を棚に上げ、先生たちに成績向上の要求や意見などが出始める。先生も査定を受けサラリーに影響があると思い始める。
この悪しき環境が起こらないように、学力調査だけでいいと思います。

お宅のお子さんは、全国でこの位置にいます。県下ではこの位置ですよ。程度でいいのではないかと思う。そしてこの出題の意図を生徒に教え、自分の位置をしっかり受け止めることが大切だと思う。
がんばって奮起する子。落ち込んでしまう子。その一人一人にアドバイスと、こつこつやる大切さを小学校のうちからトレーニングしたほうが良い。

ゆとり教育は理想的に必要だが、就職試験(雇用)と大学の卒業試験(入試より卒検)を改革しなければ、受験中心の学習は少なくとも変わらないと考えています。

未来を背負った子供達、まずはテストご苦労様でした。
スポンサーサイト

好きだから・・・でも、すごい! 

深夜番組で「雨上がり決死隊」がMCをする「アメトーク」が昨夜放映されました。その日のテーマは「ドラえもん大好き芸人」。柴田理恵、千秋、品川庄司、有村、などが出演しドラえもんへの入れ込み具合を競い合って話をしていました。

話の内容は、好きな道具、好きなストーリー、イントロ道具クイズなど、聞いていて感心してしまう内容でした。
声優が変わりオーディションのとき、千秋は事務所に内緒で応募したそうです。村上ショージが最終選考まで残った話も有名です。三瓶も応募したみたいです。千秋は落ちたけど、ドラミちゃんの役で指名され現在活躍中です。


ジャイ子の秘密、ジャイアンの言われ、知っていますか?
ジャイ子だけ名前がなくジャイ子はジャイ子だそうです。もし、ジャイ子に名前が付いていると、その名前と同じ名前の子がいじめにあう可能性があるから、ジャイ子だけはジャイ子のままで設定したそうです。藤子・F・不二雄がわざわざそうしたようです。
さらに、ジャイ子はジャイアンの妹だからジャイ子でなく、本名だったのです。ジャイアンは、ジャイ子のアンちゃんだから、ジャイアンと呼ばれたようですよ。ちなみにジャイアンの名前は「たけし」です。品川庄司君に教えてもらいました。


コアなファンになると、隅から隅まで知っていて、話はオタクそのものです。ガンダム、北斗の拳、宇宙戦艦ヤマトなどその道のスペシャリストがいるのもすごい世界です。

あっ、そうそう!ジャイアンのお母さんの声は、竹内都子さんだそうです。あのピンクの電話の・・・

適当に見て楽しむだけではボケちゃうんですかね。
続きを読む

拳銃なんてなくなっちゃえ! 

悲惨な事件が同じ時期に起きてしまった。
長崎市長射殺事件、米バージニア工科大学の銃乱射事件。両方とも拳銃による殺人事件である。
自分の意見と違う、阻害されたなど、自己中心的で身勝手な解釈で行動している。挙句の果てには、自決してしまったり、自殺をするつもりだったという。他人を巻き込むなど迷惑な話である。

最近のニュースで殺人事件が毎日のように報道される。保険金殺人、隣人トラブルによる殺人、育児放棄や虐待、放火、刃物、最たるものが拳銃による射殺事件である。
そもそも日本国には拳銃を所持していい地域などなく、拳銃による事件などないはずである。密輸による未確認の凶器が出回っているかと思うと恐ろしくなる。暴力団の抗争などが起きれば、拳銃による事件となり、罪もない人が不運にも犠牲となる事件があった。

アメリカでは銃保持が権利のように保護されているが、おかしな話だ。保身用の目的で携帯を許されているのだが、銃を持てば撃ってみたくなるのだ人間だ。残虐な行動を起こすのは、ほんの一部の人間だといっているが、その人たちが事件を起こすたびにニュースとなり世界を駆け巡る。
銃を持っていなければ起きない事件も数多くある。銃は一番卑怯な人間を殺す道具だ。おまわりさんだって自衛官だって悪いことをする時代。モラルの低下は、身勝手なことが原因に思う。

同じくアメリカでハロウィーンの時、射殺された服部剛丈さんの事件から15年。現状は何も進歩していない。銃のない世界を夢見ているのは、アメリカそもののではないでしょうか!

事件で被害にあわれた方々のご冥福をお祈りいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。