スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳の瀬だから? 

平成19年も残り2週間を切りました。年の瀬真っただ中と言うことになりますね!

今朝、テレビ朝日の情報番組で「急増する万引き」なるものが放送されました。
高齢者の万引きが増えているそうです。紹介されたのは、千葉県のとあるスーパーでの万引き現場映像。女性が65歳、男性71歳と63歳、青年31歳(各年齢は定かでない)の四例を見ましたが、みんなお惣菜をくすねただけと言い張り、罪の意識が全くない。女性の万引き犯は、何事もなかったように「悪かったわ!ごめんごめん、で、いくら払えばいいの」と言い帰ろうとする。青年に到っては自転車泥棒で過去3回も逮捕された兵でもあった。
生活が苦しくてと思うと、それほど困った懐具合でもない。ストレスを抱えた人、身元引受人もいない孤独老人、常習犯は病気なのかもしれない。社会が病んでいるのかもしれない。

佐世保で猟銃による事件が起きました。日に日に事件の内容が分かってきて、聞けば被害者はなぜ死ななければならなかったのか、理解できない。ひとえに犯人の我が儘に付き合わされ可哀そうの言葉に尽きる。
病んだ人間がなぜ生まれてしまうのか。社会が、環境が、家庭が、病んでいるのだろ。

モンスターペアレントなる言葉が出てきた。我が儘さの自己防衛反応かもしれない。思いやりの心を育てる環境をつくるのが大切と思う。意識して思いやりを教える環境を作らなければとも思う。でも過保護もいけない。難しいけど育てていかねければ・・・・!



始めの話に戻りますが、年老いた人生の先輩でも、万引きした商品の値段に関係なく、お店の物を盗み取る行為は『犯罪』です。
商売をしている私たちは、店を信用していただいて商売ができるのですから、お客さんを疑うことなど絶対にしない。お客さんも自分の地位を下げることはしないで頂きたい。「年の瀬だから・・・・物入りで・・・つい」そんな冗談は通用しないことだから、自分も含めてモラル守った行動を心掛けたい!

本当に 「万引きは犯罪ですよ」!

スポンサーサイト

学力テスト 

昨日、小6の娘が学力テストを受けてきました。
新聞では43年ぶりの実施と報じていたのにビックリしてしまいました。なんせ、私が生まれた年が最後の学力テストだったのに、それ以降昨日まで行われていないのに、小学校、中学校、高校で受けた学力テストはなんだったのかしら!
全国一律の学力テストがもたらした結果というのは、良いことばかりでなく、教育現場で成績至上主義の風潮が根付いてしまったという。
今回も、順位や成績を公表しないようにするようだが、来年、再来年と出題傾向が分かり、秘かに学校同士、県同市でつばぜり合いが始まりそうである。

確かに良い成績が結果として出ている学校は、近隣の学校に通う生徒の親は敏感になるだろう。自分の責任を棚に上げ、先生たちに成績向上の要求や意見などが出始める。先生も査定を受けサラリーに影響があると思い始める。
この悪しき環境が起こらないように、学力調査だけでいいと思います。

お宅のお子さんは、全国でこの位置にいます。県下ではこの位置ですよ。程度でいいのではないかと思う。そしてこの出題の意図を生徒に教え、自分の位置をしっかり受け止めることが大切だと思う。
がんばって奮起する子。落ち込んでしまう子。その一人一人にアドバイスと、こつこつやる大切さを小学校のうちからトレーニングしたほうが良い。

ゆとり教育は理想的に必要だが、就職試験(雇用)と大学の卒業試験(入試より卒検)を改革しなければ、受験中心の学習は少なくとも変わらないと考えています。

未来を背負った子供達、まずはテストご苦労様でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。